なぜコンテンツ・マーケティングを実践するべきなのか?

コンテンツ・マーケティングを導入した際のメリットは主に以下の通りです。

コンテンツを資産として蓄積できる

製作したコンテンツは自社の資産としてネット上に残り続けます。コンテンツの更新を続けることで資産は蓄積され続け、検索エンジンの評価が上がっていきます。続ければ続けるほど、ネット検索で見つかりやすくなり集客に繋がります。

低予算で始めることができるため導入のハードルが低い

自社メディアで情報を発信することは、テレビCMや Web広告を出すことに比べて発生する費用が圧倒的に少ないため、手軽に試すことができます。

ソーシャルメディアのシェア機能によって情報が自動的に拡散される

ソーシャルメディアの普及により、口コミの力は圧倒的に拡大しました。有益なコンテンツはソーシャルメディアを通じて拡散していきます。広告では同じ現象は起きません。

将来的に顧客となる可能性の高い人をピンポイントで狙うことができる

商品やサービスに興味を持ってくれそうなターゲットを設定し、そのターゲットに魅力的な情報コンテンツを提供することにより、最初から興味や関心の高い人だけに効率よく訪問してもらうことができます。

ブランドづくり、ファンづくりができる

魅力的なコンテンツを継続的に更新し続けることで、コンテンツ・ユーザーをファンに変えることができます。継続的なユーザーとの関係性の構築により信頼感を獲得することに繋がり、類似商品に目移りすること無く繰り返し同じブランドの商品・サービスを購入し続ける顧客になってくれます。

顧客とのコミュニケーションの場に発展させることができる

インターネットは双方向コミュニケーションがとれるメディアです。コミュニティを充実させることで、ユーザーニーズの吸い上げと会員同士の交流を促すことが可能です。

同業者、関連業界からの信頼獲得につながる

専門分野に関する情報を発信し続けることで、その業界からの信頼を得られるようになります。コンテンツ・マーケティングでは業界に影響力のある存在、いわゆるオピニオンリーダーへの成長を狙います。